第39回日本ハイパフォーマンス・メンブレン研究会開催
および演題募集のお知らせ

公益財団法人 石橋由紀子記念基金 研究助成のご案内

2023年8月吉日
東京都港区高輪4丁目18番6号
公益財団法人 石橋由紀子記念基金
代表理事 石橋 由孝

2023年度助成応募について(お願い)

平素は当財団の案件につきまして、格別のご高配を賜り、厚く御礼を申上げます。
当財団の活動も2013年をスタートに、お陰様にて満10年を迎えました。この間腎不全の予防と治療を基本テーマに、

・医療従事者の教育・研修・学会への参加助成
・腎臓病の予防・治療・移植に関する学術研究への助成
・行事協賛・講師謝礼等諸費用助成

の3本柱を軸に、助成交付実績を挙げて参りました。

本年も応募締め切りをこの10月末といたしております。

尚、実際応募にあたっては当財団のホームページから助成の具体内容を参照頂くと共に、申請書様式を入手の上E-メールにてご応募頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

以上

土谷記念医学振興基金 研究助成のご案内

令和5(2023)年 6月 30日

各位

土谷記念医学振興基金 研究助成(透析領域)について(ご案内)

一般財団法人土谷記念医学振興基金
理事長  土 谷 治 子 

当財団は、故 土谷太郎 (特定医療法人あかね会 土谷総合病院元理事長、株式会社 日本メディカルサプライ (現株式会社 ジェイ・エム・エス)元社長)が、医学医術に関する研究の助成及び医薬品医療機器等の研究開発の助成等を目的 として、昭和 60(1985)年 6月に広島県知事の認可をいただき設立した法人です。
以来、昨年までの38年の間に、広島県内の医療機関・研究者を対象に、6億円を超す医学医術に関する研究等の助成をさせていただいていますが、平成 25(2013)年からは日本国内在住の研究者を対象に当年度のテーマを定めて医学医術に関する研究等の助成を行っており、昨年度・一昨年度は「透析領域に関して合計13件の応募をいただき、4件を採用、合計748万円を助成しました。
本年度においても、引き続き別紙の助成金情報のとおり、「透析領域」に関しての研究を助成対象とします。
つきま しては、当法人の助成金 を希望される研究者もしくはそのグループは、インターネットで応募フォーム「助成金申請書作成記入要領」及び「助成金申請書をダウンロードいただき、下記のとおり応募ください。

ホームページアドレス  http://www.tsuchiya-foundation.or.jp

提出書類
1.助成金申請書(3枚で一組)
2.学長・学部長・院長または所属部門長の推薦書
3.研究・開発テーマに関連する最近3年間程度の論文3篇(写し)及びそのリスト
応募期間  令和5年7月1日(土) ~ 9月30日(土)

送 付 先
〒730-0051 広島市中区大手町3-1-3 IT大手町ビル6階
一般財団法人土谷記念医学振興基金 事務局 宛
電話番号 (050)6865-3880
E-mail  info@tsuchiya-foundation.or.jp

助成金情報はこちら
申請書記入要領はこちら
助成金申請書はこちら